『最新版 市民派議員になるため本~あなたが動けば社会が変わる』のコンセプトおよび内容

『最新版 市民派議員になるため本~あなたが動けば社会が変わる』

著者:寺町みどり・寺町知正

プロデュース:上野千鶴子

出版社: WAVE出版  

刊行:2014年9月予定

2014年9月刊行予定
予価 本体 2,900円+税
A5判 並製 376ページ


【プロフィール】

寺町みどり(てらまち・みどり)

1952年岐阜県生まれ。「女性を政策決定の場に」の活動などジェンダー、環境、差別、反原発などさまざまな市民運動をしながら情報発信。著書に『市民派議員になるため本-立候補から再選まで』(学陽書房)。共編著『市民派政治を実現するための本-わたしのことはわたしが決める』(コモンズ)。ブログ「みどりの一期一会」

 

○寺町知正(てらまち・ともまさ)

1953年岐阜県生まれ。大学卒業後、有機農業開始。多方面の市民運動にかかわる。「くらし・しぜん・いのち岐阜県民ネットワーク」代表。現在、山県市議会議員(旧高富町議を含め通算15)。住民訴訟、情報非公開取消訴訟など行政訴訟を多数てがける。ブログ「てらまち・ねっと」 。

 

○上野千鶴子(うえの・ちづこ)
1948年富山県生まれ。社会学者。
東京大学名誉教授。認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長。『ナショナリズムとジェンダー』(青土社)、『差異の政治学』『生き延びるための思想-ジェンダー平等の罠』(岩波書店)、『おひとりさまの老後』(法研)、『ケアの社会学-当事者主権の福祉社会へ』(太田出版)など著書多数。

【最新版のコンセプト】
〇2015年の統一自治体選挙にむけて、ネット選挙解禁もふまえて、旧版をさらにスキルアップ

〇請願、直接請求、情報公開、住民監査請求、住民訴訟など、地方から変えるために、市民でもだれでも使える直接民主主義の手法を充実

〇市民派議員をふやすために、新規候補者だけでなく、再選をめざす現職議員にも役立つ内容。

〇旧版執筆から現在までに蓄積した市民型選挙、議会活動の手法やノウハウ、いままで非公開のスキルも一挙公開現場で使える実践的な資料や書き込み式のフォーマットも多用し充実させた。

【最新版の内容・構成】
1.はじめに、プロデューサー・
上野千鶴子さんから読者にあてた「市民派議員になるための序文」というインパクトのある長文のメッセージ。

2.全376ページ、6部、50章、233節 

・旧版を全章全節にわたってみなおし、大幅に修正加筆。
・旧版から新版までに、自治法や公選法改正がある場合は、法改正にあわせて加筆修正

市民型選挙の手法、当選して市民派議員として働くときに必要な情報やノウハウのすべてを公開。市民派議員が数の力に対抗するために、法やルールを身につけて論理的に相手を説得し、政策実現していく手法を満載。

3.寺町知正を共著者として、のべ15年にわたって市民派議員として働き、住民訴訟、行政訴訟(情報公開訴訟)を本人訴訟で多く手がけた、現場の当事者としてのノウハウを加筆、最新版全体に反映させた。

4.改正公選法によってネット選挙が解禁されたことをふまえて、改正後はじめての自治体選挙にのぞむ候補者が「できること、できないこと」、インターネットを利用しての具体的なwebサイト、SNSの使いわけ、メッセージの出し方を加筆した。

5.選挙に当選するための8つの要素とレーダーチャートを初公開。チャートに個々の選挙を書きいれてタイプ別・傾向と対策も一挙に公開。

6.2000年から毎年、1泊2日で4~5回開催している非公開の「市民派議員塾」「議員と市民の勉強会」、統一選前年毎の「MT選挙講座」で作成した部外秘のオリジナル資料をすべて公開。期数を重ねた候補者や現職議員にもより役立つ内容を充実させた。

「市民のたたかい方」として第6部を新設。市民が、市民活動の現場で実践的に、法やルールを駆使してたたかう手法を加筆した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目次はこちらです 


刊行日、予約方法などの詳細が決まったら、またお知らせします。

【参考】著者のブログおよびホームページ
 ★ブログ「みどりの一期一会」 
☆「む・しネット」~女性を議会に 無党派・市民派ネットワークblog
★寺町みどりのwebページ(「む・しネット」のホームページ)

★ブログ「てらまち・ねっと」
★寺町ともまさのネットワーク
★「くらし しぜん いのち 岐阜県民ネットワーク」ホームページ

☆女性と女性の活動をつなぐポータルサイト「ウィメンズアクションネットワーク(WAN)」
☆「市民と政治をつなぐP-WAN-個人的なことは政治的なこと」








[PR]
←menu