キンカンのシロップ煮

雪のなか、買い物に行ったとき、
「完熟キンカン」を見つけて買ってきた。

「完熟キンカン」は、粒が大きくて、濃いオレンジ色。
生で食べても甘くておいしいが、
少しの和三盆糖で、甘煮にすると、日持ちしておいしい。

「キンカンのシロップ煮」を作るのは、今年2回目。
先日の温泉旅行に、宿のおやつに持参して、好評だった。
帰りに、幸子さんにあげてしまったので、また作ることにした。

作り方は、
1)キンカンを洗って、フキンでふきながらヘタをとる。
2)竹ぐしで小さな穴を10個くらいあけておく(こうすると破れにくい)。
3)ホーローかガラス容器で少量のアカシアハチミツをまぶす。
 (ハチミツは浸透圧が高いようで、シロップが出やすい)
4)シロップが出てきたら、ホーローか土鍋(金属はだめ)に、
 キンカンを並べ、和三盆糖を、小さじ2杯ほど振りかける。
5)ごく弱火にかける。焦げ付きやすいので要注意。
 ・キンカンが透明になり始めると、シロップが増えて、焦げにくくなくなる。
 ・透き間が空いたら詰めていくが、破れやすいのでかき混ぜないこと。
7)小さじ一杯ほどの、和三盆を少量の水でとき、
  ナベのキンカンに振りかける。
8)ふっくらと煮えたら、一たん火を止めて、みつをキンカンに含ませる。
 (ずっと煮つづけると、キンカンがしわしわになって堅くなる。
  このとき、保温容器やスロークッカーなどで温度を維持できるとベター)
9)水分が多いようだったら、もう一度弱火にかける。
10)仕上げにごく少量の自然塩を入れる。
  (こうすると甘味が引き立つ)
11)自然に冷ましてから、密閉容器に入れ、保存する。

以上、簡単でしょ。
そのままお茶うけに食べると、美味。
キンカンは、のどにもセキにも効くし、肌にもよい。
毎日ひとつぶずつ食べると、風邪をひきにくくなるとか。
ただし、ひとつで我慢できることは、めったにないが・・・(笑)。
[PR]
by midori-net | 2005-02-02 23:15
←menu