5‐5 どんな選挙がしたいのか?


___________________________________________________
『市民派議員になるための本』(寺町みどり著/上野千鶴子プロデュース/学陽書房)
5‐5 どんな選挙がしたいのか?

 議員に必要な資質は、選挙で有権者に約束したことを守るということです。
 選挙は、候補者と有権者との契約の場です。候補者は選挙で公約し、有権者はあな
たの政策やスタンスに投票することで4年間の先行投資をします。
 選挙のスタイルと議員としてのスタンスは地続きです。従来型の組織選挙や地域選
挙をして、当選したら市民派議員としてはたらくということはむつかしいでしょう。
なぜなら、従来型の選挙は、当選したら利益誘導するという約束をして議員になるか
らです。議員は支持者にコントロールされ、組織の意思にしばられます。
 その逆はときどきあります。いままで市民型選挙のノウハウで選挙をし、当選して
から政党にはいった人を何人も見てきました。当選するために市民型選挙を利用し、
政党に走るのは市民に対する背信行為です。候補者にうらぎられると、市民は政治そ
のものに対して不信感を持ちます。
 だから最低限、議員に必要な資質は、正直で誠実であることです。あなたはどんな
選挙がしたいのか、市民型選挙をしたいのか、具体的にイメージしてみてください。
_______________________________________________________
[PR]
←menu