2002年発行『市民派議員になるための本~立候補から再選まで』7‐4 地域とはキョリをおく

2002年発行『市民派議員になるための本~立候補から再選まで』
_______________________________________________
7‐4 地域とはキョリをおく

 99年の「候補者アンケート」の回答で、「立候補する際の障害」で「家族」とならんで多かったのが「地域」です。地域のなにが障害になるのでしょうか。
 ひとつは、地域にすでに現職議員がいる場合です。「地域からの支援く、町内会役員(男)がぜんぶ現職議員を応援するなか、地道な草の根の後援会会員を少人数あつめ、そのなかでボランティアでたたかった」。
 この回答が地域型選挙のすべてを語っています。
 地域(自治会、町内会)は地区の代表を議会に送りだし、自分の地区の道路改良などの利益誘導を期待します。この地域代表議員は、まち全体のためにはたらくことや、議会で発言することを期待されていません。そんなヒマがあるなら、ヨソの地区より少しでも多くワガ地区に予算を取ってきてほしという利害がむきだしです。そんななかで、市民型選挙をしようとしても、妨害されるか、地域を分裂させるウラギリものと白い目で見られるかのどちらかです。
 現職議員がいない場合もおなじようなものです。地区の有力者たちは議員が欲しいので、「女だけどいないよりはマシ」と思って、応援したいと言ってくる場合があります。なにもしなくても支持者がふえるわけですから、この申し出は魅力的です。でも地域と仲よくしたいと思って応援を受けいれれば、多かれ少なかれ当選したら利益誘導するように言われます。応援してやったんだから、その分のモトは取るという従来型の選挙の発想です。市民型選挙で出た無党派・市民派議員は、この発想自体を根本から否定するわけですから、とうてい両立するわけがありません。それに地域ぐるみ選挙は、公選法に反します。
 地区の道路改良が、議員がいないために他地区より遅れているのが事実ならそれが問題なのです。自分の地区の利益誘導ではなく「議員の利益誘導をやめさせ、税金を公平に使います」という政策を立てればよいのです。
 もちろん、地域の仲間も運動に参加しやすくするためには、ことさらに地域と対立することは避けたほうがよいでしょう。作戦として割りきって、自治会長のところに「市民型選挙をするので地区の推薦は遠慮しますが、個人的な応援は歓迎します」と(立候補の)ごあいさつをかねて訪問するのがおススメです。地区を無視してすすめるよりは、好感を持たれます。ついでに地域の自治会員への「選挙の際にはご迷惑をおかけします」というごあいさつに全世帯をまわるのもよいでしょう。
 いずれにせよ議員活動を考えても、「地域とは距離をおく」のがブナンです。
_____________________________________________________
 
[PR]
←menu