2002年発行『市民派議員になるための本~立候補から再選まで』9-4 事務局体制をどうつくるか?

2002年発行『市民派議員になるための本~立候補から再選まで』

9-4 事務局体制をどうつくるか?

 市民型選挙の活動は、スタートから投票日まで、情報を収集し、話しあいをかさね、目標と作戦を立て、それを確実に実践し、結果を見て、つぎの行動に反映していくというプロセスをたどります。これは政策をつくるプロセスにきわめて似ています。つまり「問いを立て、計画立案し、具体的な政策を策定し、実践し、評価する」という、おなじプロセスをたどるのです。市民型選挙をやっていくと候補者と仲間は、選挙という現場で、このプロセスを実践的に学び、確実にきたえられます。政策まで仲間でつくるわけですから、議員に必須の政策立案能力もつくというわけです。
 この市民型選挙をになうには、運動のカナメとなる事務局体制が必要になります。事務局も「やりたい人がやる」が基本です。
 当選という目標に向けてやるということが大前提で、情報を収集し、具体的な運動を組みたて、方向性を出す、行動方針を決めるということが、事務局の最大の役割です。同時に、仲間たちに情報を発信し、連絡調整することも大切な仕事です。
 事務局体制は、候補者と核になる人を中心に、思いの強い人で、気心のしれた仲間でつくるとうまくいきます。事務局は、運動がすすむとほとんど毎日あつまって話しあいをすることになるので、時間の余裕がある人がよいでしょう。人数は4~5人から多くても7~8人。事務局は、方針を決めるときにゲキ論になることがありますし、選挙には作戦上、外に出さないほうがよい情報もありますから。
 事務局メンバーが決まったら、候補者はその人たちの家にごあいさつに行くといいでしょう。事務局になる人は候補者と同じくらいの時間を選挙にさくことになるので、先制して、夫や家族に候補者みずから了解を取っておくのです。
 わたしは選挙のとき、中心メンバーの家を「今後○○さんにお世話になります。ご家族にはご迷惑をおかけすることになると思いますが、よろしくお願いします」と一軒ずつ訪問しました。「ワザワザ来てもらわなくても」と言われましたが、その後、彼女たちが家をあけやすくなったのは言うまでもありません。
 「候補者がアタマをさげる」ことも、効果的なひとつの作戦になります。 
 
[PR]
←menu