今日は立春。
庭の梅もほころびはじめている。

昨日のテレビを見ていたら、「恵方巻」に真剣な顔をして、
かぶりついている人たちが映っていた。
ただの巻きずしのようだが、1本全部食べないと願いがかなわないなら、
「大変だなー、わたしはやめとこ」と思った。

「関西の方で始まって広がった」ということだが、
昨年、京都精華大学環境社会学科の学生(息子です)と話していたら、
ここの教員たちが10ねんほど前にやり始めたらしい。
真偽のほどは定かではないが、
わたしの子どものころは、少なくともこんな慣習はなかった。

父が「鬼は外。福は内」と言っていり豆をまいて、
終わってから、年の数だけ、まめを食べた。
「もっと食べたい」と言ったら、
「いり豆はおなかの中で膨れるから、
小さい子は少ないのだ」と。

とはいえ、
新しい慣習がうわさになって広がって、定着するのはおもしろい。
バレンタインももうすぐだし~。
[PR]
# by midori-net | 2005-02-04 11:51 | その他
雪のなか、買い物に行ったとき、
「完熟キンカン」を見つけて買ってきた。

「完熟キンカン」は、粒が大きくて、濃いオレンジ色。
生で食べても甘くておいしいが、
少しの和三盆糖で、甘煮にすると、日持ちしておいしい。

「キンカンのシロップ煮」を作るのは、今年2回目。
先日の温泉旅行に、宿のおやつに持参して、好評だった。
帰りに、幸子さんにあげてしまったので、また作ることにした。

作り方は、
1)キンカンを洗って、フキンでふきながらヘタをとる。
2)竹ぐしで小さな穴を10個くらいあけておく(こうすると破れにくい)。
3)ホーローかガラス容器で少量のアカシアハチミツをまぶす。
 (ハチミツは浸透圧が高いようで、シロップが出やすい)
4)シロップが出てきたら、ホーローか土鍋(金属はだめ)に、
 キンカンを並べ、和三盆糖を、小さじ2杯ほど振りかける。
5)ごく弱火にかける。焦げ付きやすいので要注意。
 ・キンカンが透明になり始めると、シロップが増えて、焦げにくくなくなる。
 ・透き間が空いたら詰めていくが、破れやすいのでかき混ぜないこと。
7)小さじ一杯ほどの、和三盆を少量の水でとき、
  ナベのキンカンに振りかける。
8)ふっくらと煮えたら、一たん火を止めて、みつをキンカンに含ませる。
 (ずっと煮つづけると、キンカンがしわしわになって堅くなる。
  このとき、保温容器やスロークッカーなどで温度を維持できるとベター)
9)水分が多いようだったら、もう一度弱火にかける。
10)仕上げにごく少量の自然塩を入れる。
  (こうすると甘味が引き立つ)
11)自然に冷ましてから、密閉容器に入れ、保存する。

以上、簡単でしょ。
そのままお茶うけに食べると、美味。
キンカンは、のどにもセキにも効くし、肌にもよい。
毎日ひとつぶずつ食べると、風邪をひきにくくなるとか。
ただし、ひとつで我慢できることは、めったにないが・・・(笑)。
[PR]
# by midori-net | 2005-02-02 23:15
雪だ!雪
あさ起きたら、ゆきだった。

今年一番の大雪?
家の前で、30センチくらい。
早起きした、ともちゃんが雪かきをしている。

子どものころから、雪が大好きだった。
伊吹山や養老の山々が白くなり、
伊吹おろしが吹き始めると、
雪の季節が来た、とワクワクした。
たくさん積もると困る、と父や母は言うけれど、
「たくさん積もるといいな」とひそかに祈っていた。

おとなになった今でも、
「たくさん積もると大変ね」と口では言いながら、
こころの中では、
「たくさん積もってるといいな」と思いながら、
ねむりにつく。
[PR]
# by midori-net | 2005-02-02 22:37 | その他
今日は、3月26日の上野千鶴子さんの「当事者主権」講演会の打ち合わせ会。
いままで「女あそびの会」読書会の例会は、平日の夜だったが、
冬場でもあり、時間を気にしなくて話し合えるように、
昼間に会議を設定した。
講演会のPR<講演会当日に準備すること、
内容の打ち合わせ、などなど、
当日までに、2週間おきにあと3回の打ち合わせ。
メンバーはたった6人。
これだけの小人数で、
100人規模の講演会と温泉合宿をするんだから、
「わたしたちって無謀ね」の声。
でも、講演会を主催したことのある経験者ばかりだから、
なんとかなるさ、と着々と準備を進めている。
10日にできあがったチラシを、とりあえず手配りしているが、
申し込みは順調。なんと言っても、講師が上野さんだもんね。

マスコミには、まだどこも案内を出していないが、
中旬には、各社の名古屋本社版の生活欄に、
案内を載せてもらうように、
連絡することになった(担当はみどり)。
定員が100人だから、
新聞に載ったら、申し込みが殺到するかも。
その前に、身近で、上野さんの話を聞いてもらいたい人たちに、
少しでも広げようということになった。

約2時間の会議を終えて、ともちゃんが車で岐阜まで迎えに来てくれた。
家に帰りつく間もなく、みるみるうちに雪が降り積もった。
夜でなくてよかった。

と、書いたところで妙子さんから電話。
雪で渋滞して帰るのに苦労したとのこと。
山県も田舎だけど、関や美濃もおなじくらい北のほうにあるからね。
大島さんは大丈夫だったのだろうか?
[PR]
# by midori-net | 2005-02-01 21:45 | 活動
密入りフジリンゴがたくさんあったので、
コンポートをつくった。
コンポートといっても、砂糖は使わず、
皮をむいてうすく切ったりんごに、
少量のはちみつとレモン汁をまぶして、
あとはひたすら弱火で煮るだけ。
わたしは、スロークッカーという陶器の調理器を使っている。

部屋中に、りんごの甘い香りが広がって、夜には、
すきとおってやわらかくて、甘すぎない、おいしいデザートができあがり!
[PR]
# by midori-net | 2005-01-30 23:06 | その他
今日は、「む・しネット」の「議員と市民の勉強会」。
99年から、年4回の勉強会合宿の講師を引き受けてきたが、
今回、ちょっと講師役はおやすみ。

『市民派議員になるための本』を書いてから、
「議員になりたい人」の問い合わせやが殺到した。
晴れて当選してからは、勉強会に参加したい市民派議員も、
「む・しネット」会員も増えた。
わたしは、親でも教育者でもないけれど、
あとから来るひとたちに、わたしのノウハウを全部伝えたい、と思っている。

先日、上野千鶴子さんから届いた雑誌(「WORD」vol.45/資生堂発行)の、
上野さんの記事のタイトルが、
「もういらない、と言ってもらうには?」だった。

~ 「教育」、もう少し広く言えば「育てる」。
これは「もう、あんたなんかいらない」と言ってもらうためにやるものです。
「もう、あんたなんかいらない」と言われて、背中を見せて、去っていってもらう。それを見て、はじめて満足する。それが親や教育者の役割だと思いますね。・・・~

本を書いて背中を押した責任も感じているが、
「育てる」ことに、かんじんのわたしはちょっと息切れしている。
はやく「あんたなんかもういらない!」と、言ってほしい。
[PR]
# by midori-net | 2005-01-29 22:48 | 活動
かおるさんから、ブログを開設した、
というメールが届いた。
さっそく「かおるの育自日記」を訪問すると、
「ITが苦手」なわたしが背中を押したようだ。

ブログをする人を「ブロガー」というが、
どうやら「ブログはうつる」らしい。
[PR]
# by midori-net | 2005-01-28 23:57
NHKの海老沢会長が、やっと辞任した。
責任をとって辞めるはずなのに、謝罪のことばもないし、
退職金が1億ウン千万円も支払われるらしい。

朝、旅館でテレビを見ていた友人たちと、
「こんなにたくさん退職金支払うなんておかしいよ」
「NHK受信料、集金に来てももう払わないから」
「いままで払った分もかえしてほしいくらい」と怒り心頭。
国の税金だから、住民監査請求もできないが、
支払い拒否者が増えてほしい。
わたしは前から払っていない。

帰ってから、二日分たまった新聞を読んでいたら、
25日の朝日新聞に、「NHK番組への政治介入に対する声明」の記事が載っていた。
ちなみに、わが家は5紙の朝夕刊をとっているが、
出ていたのは朝日新聞だけ。
調べてみたら、以下のwebページにアップされていた。

「NHK番組への政治介入に対する声明」

関心がある人はお読みください。
[PR]
# by midori-net | 2005-01-27 08:10 | 活動
昨日、温泉旅行の帰りに、友人が自宅に立ち寄った。
庭の梅のつぼみがふくらみはじめていたので、
別れぎわに数枝切ってあげた。

話は変わるが、
先週、正月前からあったリンゴをむいてみたら、
しんが痛んでいたので、庭にエイヤッと放り投げた。
そしたら、つるバラの枝にひっかかって宙刷り状態に。
取りに行くのも寒いので(なんという不精)、
そのまんまほっておいたら、
見慣れないきれいな鳥が来ていた。
白い尾を上げ下げして、リンゴをついばんでいた。
スズメよりは大きく、ヒヨドリよりは少し小さい。
どうやら、ハクセキレイらしい。
ウグイスのささ鳴きももうすぐかも・・・・。
春はそこまできている?~
[PR]
# by midori-net | 2005-01-26 10:30 | その他
午後から、なかよしの女たち5人で、
板取村の「すぎ嶋」に行く。
ここは「源泉かけ流し」の秘湯の一軒宿。
板取川の源流近く、魚もおいしく料理もこだわりの宿で、
冬場は、岐阜駅までマイクロバスが迎えに来てくれる。

昨年は「露店ぶろ付きの蔵」の部屋にふたりで泊まった。
今度は、グループでも泊まれる特別室。
たのしみ-。
[PR]
# by midori-net | 2005-01-24 12:25
テレビをみていたらテロップのチャイム。
またどこかで地震?と思ったら、
知事選の「当選」情報。

8時5分、だった。
あ~あ。
[PR]
# by midori-net | 2005-01-23 23:52 | その他
通信44号の発送作業がやっと終わった。
朝から印刷を始めたのだけど、
印刷機の調子がわるくて閉口した。
この印刷機、まだ新しいし、高いんだけど・・・。

で、ジムブレーンに電話して、待ち時間が空いたので、
本を読んだり、gooブログに投稿したり。
(ちなみに、このエキサイトブログと使い勝手を比べて試してるの)

昼過ぎにやっと修理してもらって、あとは順調。
今日中に、ヤマトのメール便で発送しようと頑張ったので、
やっぱり途中から肩が痛い。
郵便局の「エクスパック500」も試してみたが、
ニュースを送るには、このメール便が、いちばん早くて安い。
7時までに営業所に持ち込めば、だいたいは翌日ついている。
50グラムまで80円(プラス消費税)だし、
1キロまでなら送れるし、
速達並みの早さで届くという訳だ。
でも、配達人がなれていないようで、
郵便なら届く住所でも、ときどき戻ってきてしまう。

とはいえ、やっぱり、
郵便局とはりあっているヤマトを応援したいから、
メール便をできるだけ使うことにしている。
がんばれ!クロネコヤマト!
[PR]
# by midori-net | 2005-01-22 17:50 | 活動
ブログを読んだ友人からの反響ふたつ。

「紫花豆」のこと~
「いい食材をつかってるね。うらやましい」

「地方自治職員研修」2月号の記事~
わたしの友人の市民派議員の何人かが、掲載誌を読んでいた。
「読みました」「勇気をもらった」
ことばを発する責任の重さ、というか、
ことばで変えていけるものを、やはり信じたい。

反響は、いずれもメールだった。
わたしのまわりでは、ブログはまだ普遍的なツールにはなっていないようだ。
[PR]
# by midori-net | 2005-01-21 08:50 | お知らせ
水曜日は、レディスサービスディ。
朝から、リバーサイドモールに行って、
親しい友人と「ハウルの動く城」を見て、
インド料理店で「ホウレン草のカレーとナン」のおいしいランチして、
併設の温泉(ぬくいの湯)に入ってきました。
痛めている肩もよろこんでいるようで・・・極楽!極楽!

帰ってきたら、
なんと今朝注文したばかりの和三盆糖が届いていて、
昨夜からもどしておいた「紫花豆」の味付けに間に合いました。
和三盆糖の上品な甘みは、花豆の味を引き立てて、ふっくらと絶品の味。
仕上げに「上等のブランディをどぼどぼ入れる」ととってもおいしくて、
日持ちもするのですが、一粒食べてもよっぱらい運転になるので、断念。
この「紫花豆のブランディ煮」のレシピは、上野千鶴子さんから教わりました。

「紫花豆」は、晩秋に訪れた群馬県六合村特産の新豆。
毎年、稲刈りが終わると、「紅葉と新そばと温泉の旅」にでかけるのですが、
おととし立ち寄っておいしかったので、わざさわ足をのばして買いました。
(ちなみに夜は、四万温泉の「田村」に泊まりました)

夕方には、年末に依頼されて書いた原稿が掲載された、
「地方自治職員研修」2月号も届きました。
テーマは、「自治体議会の処方せん」。
肩を痛めてキーボードを打つことが困難だったのですが、
編集者の熱意にほだされて、書いたものです。
10冊も送られてきたので、だれに謹呈しようかな。
おまけに、原稿料も振込んでいただけるとか(うれしい)。

そろそろ今日の本題ですが、
岐阜県御嵩町長の「柳川喜郎さんの講演会」のお知らせです。
主催は、「無党派・市民派自治体議員と市民のネットワーク」(自治ネット)。
女ばかりの「む・しネット」(女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク)とは別のネットワークですが、活動の趣旨が似ていて勉強会などを共催することが多いので、わたしの手元にあるチラシの内容を紹介します。

日時:2月6日(日)午後2時~4時
会場:名古屋市都市センター14階・第一会議室
テーマ:「私と地方自治」
参加費:無料(定員90人)

もっと詳しいことを知りたい方は、
連絡先の鈴木至彦さん(0568-23-9130)まで、お問い合わせください。

では、おやすみなさい。
[PR]
# by midori-net | 2005-01-19 23:46 | 活動
さっそくですが、
3月26日(土)午後に、岐阜市内で、上野千鶴子さんの講演会を企画しています。
主催は、わたしも参加している「女あそびの会」(上野さんの著書の読書会)です。

テーマは、<上野千鶴子が語る「当事者主権-私のことは私が決める」>。
年末に、NHK教育の「福祉ネットワーク」に、テレビにめったに出られない上野さんが登場されて話題になりました。テレビで紹介された『当事者主権』(岩波新書)を友人が入手しようとしたのですが、在庫ぎれとか。
フェミニズムから当事者主権へ、上野千鶴子さんの生ライブを楽しみませんか?

とここまで書いたら、玄関のチャイムがなってお客さま。

申し込み方法など詳しいことは、「みどりのページ」
http://gifu.kenmin.net/midori/
をご覧ください。
[PR]
# by midori-net | 2005-01-18 12:27 | 活動
「超簡単!ブログ入門」(増田真樹著/角川書店)を読んで、さっそくブログづくりに挑戦。
昨年、webページ(みどりのページ)を立ち上げたけれど、更新に手間がかかるし、双方向のコミニュケーションができるというブログに興味があった。
ホームページとの違いがまだよく分からないけれど、まずはやってみることにした。
「習うより慣れろ」って言うしね。
[PR]
# by midori-net | 2005-01-18 11:09 | お知らせ
←menu